読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miga-town78’s blog

急行のとまる街

急行のとまる街1978 -3   nikkei 36面 _ エディット・ピアフ(Edith Piaf)

日経新聞の連載「私の履歴書」 今月は、作曲家・服部克久氏の「私の履歴書」が掲載中である。 先週土曜日(11月19日)の日経朝刊が行方不明のため、日経のサイトで無料会員登録行い、エディット・ピアフ(Edith Piaf)のことが書かれている記事に、何んとかたどり着くことができた。気になった記事の内容は、服部克久氏が20代の時に留学したパリで、エディット・ピアフのコンサートに行き、彼女の楽屋を訪ねて行ったとの記事である。(これは、もう半世紀前の1950代の出来事です。)

去年の7月に行った渋谷NHKホールでの「パリ祭」では、エディット・ピアフ生誕100年(1915年ー1963年)記念のオマージュにより、彼女の数々のヒット曲が唄われた。

急行のとまる街・自由が丘の桜並木に面したところにあるシャンソンのお店・カフェに、10年ほど前から行きだした。お店のオーナーがシャンソン歌手で、1Fのカウンターバー・カフェのほか、スタジオがあり、ライブも行われている。カウンターバー正面の棚中央には、エディット・ピアフ(顔写真入り)のレコードジャケットが飾られている。

そもそも、「自由が丘」とのかかわりは、1978年東京に初めて出て来たその日に、会社の同僚と食事をした街であり、数年後に武蔵小杉の会社の寮を出て、この街の近くに住んだことである。そして勤務地となった街でもある。

今でも何故か想い出すのは、毎年秋のはじめに行われる「自由の女神祭り」で聞いたペギー葉山さんのコンサートのシーンである。たぶん最初の年、1978年の出来事である。