読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miga-town78’s blog

急行のとまる街

急行のとまる街1978 -6   S.フォックス _ ♪ Downtown ♪

会社のある内幸町や新橋駅・烏森界隈の店を出て、同僚とTAXIに乗る。行先は渋谷警察の先にあるS.フォックスだ 。外堀通り赤坂見附から青山通りへ入り、宮益坂を左に下る。明治通りを左に折れてすぐの場所、いつものTAXIのルートだ。東京へ出てきたその年に、一人で偶然見つけたお店である。

 TAXIを降りて、地下のお店に入るとマホガニーの上等なカウンターがあり、対面にはソファーのテーブル席が三つある。棚のボトルキープはWHITE HORSE。好きなレーズンバターが定番だ。フロアの奥の壁にはオープンリールのテープデッキが掛り、流れる曲はバラード調のジャズボーカル。昭和いっぱいの雰囲気が漂っていた。

仕事が忙しい時ほどよく通い1人グラスをかたむける時間もお気に入りだった。

今、そのシーンにタイムスリップすることが出来るとしたら、どんな曲がお気に入りだろうか。 Diana Rossの ♪ Where Did Our Love Go ♪ (愛はどこへ行ったの)、いや Petula Clarkの ♪ Downtown ♪ (恋のダウン・タウン)の方がいいか。

真夏でもスーツを着込みエアコンなしの電車、東横線・銀座線の通勤を想い出す。会社の机上に「Windows」が登場するのは未だ随分先のことだ。

お店は渋谷駅周辺の開発、建物取り壊しのため7年ほど前に閉店した。

(追記) ところで、お店のすぐ後ろには、コンクリート造りの渋谷川が流れている。この川は、大正時代に作られた唱歌 ♪ 春の小川 ♪ のモデルとなった川だ。渋谷より少し上流の代々木辺りの情景が詠まれた歌の様である。

渋谷区の開発資料によれば、お店のあった辺り、渋谷川の両岸は公園ゾーンとしてイメージパースが描かれている。何年か後には、カフェなどが建ち並ぶ街路に変貌するのであろうか。